Char's Cafe

懐かしの手づくり品

クリスマスを前にして、Youが39度を軽く超える高熱を出して、寝込んでしまいました。
こんな高い熱を出すのは初めてのことです。
今日で3日目・・・。少し熱も下がりつつあり、食欲も出て、マシな顔つきになってきました。
まぁ午前中なので、まだわかりませんが・・・。
ただの疲れやいつもの嘔吐下痢症にしては、怪しい症状・・・インフルエンザだったのでしょうか??

一昨日、病院に連れて行って(嘔吐下痢の薬が処方されました)、帰ってきて直後の症状悪化だったので、2日間経過観察していましたが・・・。
この寒い中、自転車で20分弱の小児科までフラフラの子どもを連れて行き、2時間近い順番を
待つ・・・というのも、消耗させるだけとも思い、静養させていましたが・・・いつも迷うところです!
車を運転しないというのも、こういうとき躊躇させる原因になっているのですよね。。
その分、病状の見極めの経験は少しついてきているとは思うのですが。
ちょっとのことでも病院に飛んで行きたい心境だった赤ちゃん時代に、車の運転がしやすい山口に住んでいたのは幸いだったなぁ・・・と思います。

**************************************

さてさて、今日は、昔作った懐かしいハンドメイドの小物をご紹介するつもりだったのでした。
まずは、毎年クリスマスになると出してくるこちら・・・
e0125894_10154337.jpg

フェルトのアップリケのクリスマスツリーです。20年位前のもの。
この辺にプレゼントを置いて~、蝋燭飾ってみる? キラキラをこの辺につけてみようか・・・と
適当に楽しみながら作った思い出があります。

次のこちらは、Youがお腹にいたクリスマスに、近所の教会の牧師さんの奥さん(アメリカの方)が
教えてくださったもの。
e0125894_10255811.jpg

発泡スチロールをツリー型に切り抜いて、持ち合わせの布を適当にカットして(適当ばっかり
ですね・・・)木目込みのように埋め込んでいくものです。
毎年クリスマスシーズンには、いろんなクリスマスグッズ製作を教えてくださっていたようなのですが、転勤で引っ越してしまったので残念でした。

それから、こちらはクリスマスグッズではないのですが・・・
引越し荷物から、小中学校のときの製作品の箱が出てきて、中からこれを発見したときには
懐かしさでいっぱい!
e0125894_10403825.jpg

これ、小学6年生のとき、卒業まじかに図工の時間、製作したものなんです。
何ていうのかしら・・・銅板に釘をトンカチでとんとんたたいて絵にしていったもの。。
題材は自由だったのですが、家にあった写真雑誌からホッキョクグマの親子のショットを
見つけて、感動。それを見ながら下絵を銅板に描き、一生懸命トントンしたものです。
クギを持つ手が、いいかげん痺れたのを思い出します。
こんなものを作ったことなんてすっかり忘れていましたが、これを箱の中から発見したとき、
まだYou2歳半で、ハグしてハグして育てていた真っ最中だったので、25,6年前の自分が
現在の自分に対してエールを贈ってくれていたような、そんな温かい気持ちになりました。

最後に、これは私の作ったものではないのですが、木彫りのクリスマスツリー。
こちらもとても大切なクリスマスグッズです。
e0125894_110292.jpg

木彫りのすごく上手な母のお友達が、プレゼントしてくださいました。
結婚のときもとても素敵な木彫りのティマットを贈っていただき、大切に使わせていただいています。
手仕事のものって、温かみがあって本当に素晴らしいですよね。

私は、なかなか人に差し上げられるような物は作れないのですが、こうして古いハンドメイドのものが
出てくると、なんだかとてもまぁるい気持ちになりますし、
何よりも作っているときがとても楽しいですしね。
また、なにか新作にとりかかりたい今日この頃です♪
[PR]
by charmy-you | 2007-12-19 11:40 | カナリア部
<< クリスマス・イブ! 幼稚園のクリスマス会 >>