Char's Cafe

チャーちゃん、帰ってくる!

北の雪国(http://blog.goo.ne.jp/pping11/d/20081214)で、素敵な物語が生まれました。

虹の橋で出会って意気投合し、「垂れ耳同盟」を結んだ3匹は、楽しく幸せに暮らしながらも
可愛がってくれた飼い主のことを片時たりとも忘れたことはありませんでした。

あいたい! そばにもどりたい!!!

そこで、北の星の精さんに願いをかけ、自分たちの分身を作ってもらって、クリスマスに天上から舞い降りることにしたのです。

途中、マドレーヌちゃんの空飛ぶじゅうたんに乗せてもらって、六甲山系の東の端に降り立った
チャーミーは、山の中でスノー坊やたちに出会います。

「Youやお姉ちゃんやパパのいる、あたしのおうちは、どこ?」
e0125894_1653489.jpg


「わかった! あっちね」
チャーミーは、氷の張った湖の上を滑りながら、勇んで出発します。
家々の灯りが、散りばめられた宝石のようにキラキラと光っています。
e0125894_16125361.jpg


山を降りてきたところで、Youにとてもよく似た男の子が、たきぎを背負ったまま眠りこけている
のに出会いました。
「こんなところで寝ていては、風邪をひいてしまうわよっ」
男の子の真っ赤なほっぺに、自分の冷たい濡れたお鼻を押し当てて、起こします。
「あたしのおうちはどこかしら??」
男の子はうるさそうに西の方角を指さし、また軽くいびきをかきはじめました。
e0125894_16214948.jpg


歩いても歩いても、見慣れた風景はあらわれません。
疲れてしまったチャーミーは、親切そうで犬好きなおばあさんが紅茶をのんでいるところにお邪魔して、
ちょっと休ませてもらうことにしました。
e0125894_16274611.jpg

おうちの中にはなんとミツバチの妖精がいて、花好きのおばあさんのために、いつも色とりどりの
お花を咲かせています。

「ミツバチさん、あたし、自分のおうちがわからなくなってしまったの。どうすればいいかしら?」
「キミは、あんなにオイシイを見つけることが上手だったのにねぇ! 甘~いおいしそうな匂いを
たどっていってごらん」 ミツバチの妖精がいつもの眠そうな声でヒントを与えます。

e0125894_1642918.jpg

「そうよ、あたしには、誰にも負けない最強のお鼻があるんだもの!」

チャーミーのお鼻は、今や、病気だった時の、カピカピに乾いたひび割れたお鼻ではありません。
元気のあかし、ピカピカでつやつやのお鼻です!

そして…、
素敵な甘い香りに誘われて、思いっきりダ~イブ!!!
e0125894_16483970.jpg

それは、Youがチャーちゃんにお供えしていた、キャンディ・ブーケ。
ジャンケンにめっぽう弱いYouが、幼稚園のジャンケンゲーム大会で優勝して
いただいてきた賞品です!

うっとりと甘い香りを楽しんでいたら・・・
e0125894_16571365.jpg

あたたかい感触がして、ふわりと体が浮きました。
e0125894_16582628.jpg

「やっとあえたね!」





**************************************

Tears in Heaven by Eric Clapton


Youの幼稚園のクリスマス会が終わったその晩、家族で長い夜のお散歩をしました。
個人のお宅や大学の敷地で煌めく「クリスマス・イルミネーション見学ツアー」と称して。
2時間半近くウォーキングして、帰りにコース的にチャーちゃんの最期に毎日通った動物病院への
行き帰りの道を歩くことになりました。
避けていたので、あれ以来、初めてでした。
家族と一緒だったので、ひとりで通るより何十倍もよかったのですが、それでもやはり
胸のところが ぎゅーーっと痛くなりました。

ちびちびチャーちゃんが我が家に舞い降りたのは、その翌日のこと。
相変わらずのタイミングのよさは、偶然と思えませんでした。
ほんとうに、ありがとう!!!

雪国のお友達からの依頼を受けて、作ってくださった方(ittenmonoyaさん)は、チャーミーの写真を
何度も何時間も見つめて制作してくださったそうです。
姿形、毛の質感から表情、雰囲気まで、チャーちゃんそっくりで、掌に乗っけて眺めていると、
胸の奥にある氷のように冷たくとがったものが、ゆっくり溶けていくような感じがします。

e0125894_1861860.jpg

可愛いかわいい手乗りチャーちゃんを、本当にありがとうございました!
大切に育てます♪
[PR]
by charmy-you | 2008-12-18 18:20 | カナリア部
<< 感謝のクリスマス 2008 幼稚園のクリスマス会 2008 >>