Char's Cafe

カテゴリ:本( 2 )

ばぁばお手柄! 小学館版カロリーヌ発見!!!

以前、こげちゃのユピーでご紹介したカロリーヌの絵本ですが、全部処分してしまったと思っていた
小学館版が実家に1冊だけ残っていたということで、母が送ってきてくれました!

なんと、なつかしのご対面です!!!(おっと・・・チャーが横切りました。。)
e0125894_22564858.jpg

この小学館版は、今や絶版になっているので、往年のカロリーヌファンの間では、
垂涎の逸品です!

ハードカバーの絵本が定価390円! 昭和45年発行のものですが・・・歳がバレますね(^^ゞ

「カロリーヌのつきりょこう」「うみへいったカロリーヌ」「カロリーヌのサーカス」
「あたらしいおうちのカロリーヌ」の4話が収録されています。

そうそう、これこれ!!!
自分がカロリーヌになって「動物たちを引き連れて月旅行に出発!」てな気分でページに見入っていた、あの5歳のころの気持ちがよみがえってきました!
e0125894_2312425.jpg

この壁紙の糊がベッタリ毛にくっついてしまったユピー(チャーミーちゃん犬)を見て、
一緒になって うっひゃ~と思ったものです! 
e0125894_23122578.jpg

巻末には原作者の紹介や保護者にあてた「読書のてびき」も・・・。
当時はまったく気づいていませんでしたが。
e0125894_23124568.jpg

「ママがYouくんくらいの頃、毎日読んでいたカロリーヌの絵本だよ♪」と言ってYouにも
見せてあげました。同じページに惹かれるのは・・・やはり親子。。
e0125894_23131724.jpg


今現在、読むことができるBL出版のカロリーヌ・シリーズとは、やはり微妙に違うのです。
初期のカロリーヌの味わいが詰まっていました!!!

それにしても、すごく愛読していた絵本だったのに、折れたページひとつないすごくよい状態だったことに、ビックリ! 私自身そんなに物の扱いが丁寧な方ではないと密かに自覚していたので、
これは意外でした。Youにも、そこのところちょっと自慢してみたりして・・・。

とにかく、こんな貴重なものを収納庫から発見してくれたばぁばに感謝!
そして、自分の愛読した絵本を、当時の自分と同じ年頃の息子と読める幸いに感謝!!
古い古い本特有の匂いと共に、そんな感慨にふけっています。
[PR]
by charmy-you | 2008-06-30 23:59 |

こげちゃのユピー

Youが2歳半くらいのとき、図書館で懐かしすぎる絵本を見つけました。
フランスのピエール・プロブストさんの「カロリーヌ」シリーズです。
ご存知でしょうか? 
e0125894_20323411.jpg

主人公の女の子カロリーヌと、カロリーヌ(子供なのにひとり暮らし!)が一緒に住んでいる
8匹の動物の子どもたちの物語です。
牧場へ、海へ、サマーキャンプへ、北極へ、月面旅行へ、etc・・・カロリーヌとゆかいな8ひきが
出向くところには必ず珍騒動が巻き起こります。

今はもう絶版になっていますが、小さい頃、ウチに小学館の「世界の童話」(全50巻)があって、その中に「カロリーヌとゆかいな仲間」のシリーズが4巻入っていました。幼稚園に入った頃与えてもらったと記憶していますが、動物好き・空想好きの子どもでしたから、
絵の魅力ともあいまって、それはもう何度も何度も読み返した思い出の絵本です。

そして、8匹の仲間の中で、一番のお気に入りが、こげちゃのユピーでした!
そのユピーが主人公のこのお話・・・(これはBL出版のものですが)
e0125894_20445291.jpg

大好きでした。

お話の後半、
貝ひろいに夢中になりすぎて、いつの間にか潮が満ちてきているのにも気がつかず・・・
e0125894_03178.jpg

ひとり、沖の岩の上で泣くユピー。
e0125894_04336.jpg

でもそのうち、泣きつかれて眠ってしまったところに、仲間が迎えに来ます!
e0125894_055166.jpg


「世界の童話」シリーズ、あんなに愛読していたのに、いつの間にか手に取ることもなくなり、
かなり長いこと手元にはおいていたのですが、度重なる引越しでついに20代半ばに処分してしまいました。子育てをしている今となっては、実にもったいないことをしたと悔やまれます。
せめて、大好きだった「カロリーヌ」シリーズくらいとっておけば・・・。

そして、自分が幼い頃に夢中になっていた絵本に、図書館の児童書コーナーで30数年ぶりの再会! これもYouのおかげでしょうか。
あふれんばかりの懐かしさで、手にとったら・・・、
当時は全く気づいてもいませんでしたが、ユピーって、どう見てもこの子、コッカーさん
ですよね!
チャーミーとペットショップで出会ったとき、犬種のこともよく知らないままに、なぜだか
「どうしても、この犬!」と強く思ったのですが、実は、幼い頃すごく親しくしていた
心の友だったとは・・・!
「カロリーヌ」のユピーのことは、チャーミーと出会った当時、全く忘れていたはずなのに、
深層心理のどこかに引っかかっていたのでしょうか?
あのユピーだったのか!」 そう気がついたときにはチャーミー7歳になっていましたが、
ようやく合点。ちょっと感動モノでした!

ちなみにYouも初めてのときからカロリーヌのお話が大好きで・・・、親子ですね~。。
「ユピー」のところは全部「チャーミー」と勝手に置き換えて読んでいたので、Youにとっては
「カロリーヌ」シリーズは、チャーミーが登場する楽しいお話ということになっています・・・。

**********************************

なになに、アタシ?
e0125894_0444573.jpg

お姉ちゃんの運命の犬だったってことよ♪
[PR]
by charmy-you | 2007-09-20 01:24 |