「ほっ」と。キャンペーン

Char's Cafe

<   2011年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

春のハンドメイドいろいろ~♪

Youの学校行事のとき、どうもしばしばIDカードを忘れてしまうので、
(忘れても顔パス?なのですが・・・(^^ゞ )

これはモノに愛着が持てていないのも一因では? ・・・と思い当たり(←そうか???)

ネック・ストラップのキットを見つけたので作ってみました^^
e0125894_15103469.jpg

ただ遊んだだけにしないようにしなくっちゃ!(アセ)





ついでといっては何ですが、このひと月もちょこちょこハンドメイドしていたのでご紹介させてください。


・口袋つきトートの練習
e0125894_1529850.jpg

やっぱりトートは口袋ついてると安心~~♪


・小銭入れ
e0125894_15325629.jpg

Youに作ったついでに自分のも。。 案外便利♪
e0125894_15343245.jpg



・Bag in bag
e0125894_15365936.jpg

Check&Stripeさんのオリジナル・キット。生地はリバティ。
表に小ポケット3つ、裏はファスナー仕様。なんとバッグの内側にも両側計6つのポケットがあります!
強いて難をいえば、ポケットが多すぎてどこに小物を入れたか分からなくなることくらいでしょうか。。
e0125894_15394334.jpg

よくバッグを持ち変えるので、これのお陰で中身の入れ替えが面倒でなくなり愛用中・・・♪



・ショール風ニットカーデ
e0125894_15471118.jpg

リネンのニット生地で。両端を三角に折って腕を通すところをちょっと縫っただけの簡単なもの。
しかし、びよよーーんと袖丈がどうしようもなく長くなりすぎたので、ゴムシャーリングで調整してみました^^
ポカポカなのか寒いのか微妙なときの羽織りものにグー♪ 着用の図 ↓
e0125894_15534724.jpg



・引越し仕様エプロン
e0125894_1559982.jpg

どこが引越し仕様かといいますと、ポケットがね、
引越し作業に欠かせない開梱用の太いカッターとマジックペンが、取り出しやすい仕切りになっているんですのよ・・・(爆)

何事もファッションから入るタイプのようです・・・(←人ごとのように・・・)
[PR]

例年繰り返される・・・コレ!


うぎゃ~~~!!!!!





またしても、きれいさっぱり忘れてました!!!!!





結婚記念日・・・




あぁもうそれは聞き飽きた(その① その②)とか言わないで~~~



そりゃ今年の4月は特に、引越し関係でちょっとテンパってはいたけれど・・・



記念すべき10年目だったのよ~~



しかしJackieはともかく、記念日好きの私が何でこうも毎年きれいさっぱり忘れてしまうのか・・・

謎だ・・・!!!




まぁでもあれだ~ね、妻だけがしっかりと覚えていて、夫はきれいさっぱり忘れているという
世にも恐ろしい事態より、なんぼかまし・・・かも・・・ね???



(○○ジュエリーさまより画像拝借)
e0125894_21565446.jpg





当日でなくても、苦しゅうはないぞよ~♪
[PR]
by charmy-you | 2011-04-22 21:59

X-day


先週末、ついにYouに我が家が近々迎える重大変化について伝えました。
(近所で満開の枝垂桜・・・の下にはタンポポもいっぱい^^)
e0125894_21355991.jpg


内容は「パパが関東に転勤になりました。つきましてはこの家をお引越しして、
You君も転校することになります」というもの。

実はこの転勤は職場の移転に伴うものなので、もう何年も前から決まっていたことなのですが、
それをいつどのようにYouに伝えるかということは、私にとって長年の間最大の懸案事項でした。

「都会」と「自然」の共存バランスがとてもよい、たいへんに住みやすい環境にあって、
幼稚園から小学校へとあがりどんどんお友達も自力で開拓し、
彼なりにこの地で育っていく未来設計をおぼろげながら立てて楽しみにしているのが
発言の節々から感じられることがありましたので、その度に密かに心を痛めていました。

またお父さんの転勤のために転校していくお友達が出てくる度に、
「ちくしょ~~!!! なんで転勤なんてものがあるんだ~~!!!」と激しく憤慨するのを見るにつけ、
「お友達のことでこれだから、近い将来自分の身に起こったらどうなることか」と、とても案じていました。

Youの性格から考えて、早くから知らせることは必ずやマイナスに働くだろう、
平静な気持ちで無事2年生を終わらせてやりたい、ギリギリまでそっとしておこう・・・

ということで、引越し業者が見積もりに来る日をリミットに決行。




前夜、関係者各位(Jackieだけですが・・・爆)に、「Youがこの件を知ってどんな反応・発言をしても
最大限の同情心を持って受け入れる」という基本姿勢に基づいた「Youちゃんお引越し通告マニュアル」を送付。
翌日、引越し業者の対応をJackieに任せて、私からYouに事情説明。



最初は「へぇ~、そうなんだぁ・・・」「全然知らなかったなぁ!」「で、いつ引っ越すの?」とか言って
なんとかクールに装っていたのですが、すぐに顔がグシャリと「泣いた赤鬼」になり予想通りの展開へ。

「ボクは絶対に行かない!」(あぁやっぱり・・・)
「行きたくない!!」(だよねぇ・・・)
「ボク達はここに残って、パパにお金を送ってもらえばいい。そういう子もいっぱいいるよ」
(うぐ・・・っ 確かにそういうお家もたくさんあるけど、Youちゃんちはそうしないって決めたの。
それに、長くなったらYouだって絶対さびしいよ!)

「ボクひとりだけでもこの家に残る!毎日おにぎり1個だけ食べて生きていく!! 
お願いだからそうさせて! お願い!!!」
(そんなまた実現不可能なことを・・・可哀想にねぇ・・・ 
急に言われてもねぇ、そう簡単にハイそうですかってわけにはいかないよねぇ!)



この辺で2階から業者さんとパパが打ち合わせに下におりてきたので、会場をYouの部屋に移動。


「で、横浜ってどこ? 遠かったらボクは絶対に行かない! 
(壁の日本地図を見て)・・・とお(遠)っ!!!」
「そこって大地震があった方じゃん!」
「山口のじぃじ・ばぁばんち…遠っ!!! 明石のおばあちゃんちにも遠っ!!!」
(そうだね~ そうだよね~~!!!)


「お願いっ!!!! じゃぁ飼って。犬飼って!!!!!」

これも予想通りの展開でした。
「いいよ。そう思って、犬の飼えるお家をパパといっしょうけんめい探したんだよ。
楽しいだろうね~^^ Youちゃん学校行くの、お散歩しながら途中までついていっちゃおうかなぁ~。
犬がいたら新しい場所でもさみしくないね。お友達もきっといっぱいできるよ」

「どこで寝させる? 僕の部屋でもいいよ^^ でも~、いろんなもの噛んじゃうかなぁ・・・グフフ」

楽しい想像をふくらませているうちに、だいぶんと気持ちもほっこりしてきて、
引越しに対して少し前向きな気分になってきたようでした。

チャーちゃんと過ごした記憶がそうさせているのだろうから、チャーちゃんのお蔭さま♪




お引越しで住む場所は変わるけど、なんといっても家族みんなで一緒に住むんだからね、
何も心配はないよ。(…と自分にも言い聞かせる・爆!)
e0125894_22352335.jpg

(いとこの友ちゃんに教えてもらったエダモンの「にこまるクッキー」♪ 
人種の坩堝!にできてしまったけど、これ、元気出る! 食べるときも作るときも^^)



****************************************


翌日曜日はなんだか一気にガクーーと疲れが出て、久しぶりに口唇ヘルペスが出現しました。
(先週の連日の花見が原因だという人もいますが・・・!)

Youは久しぶりに熱が出ました。知恵熱でしょうか。。
(通告のあと普段どおり行ったスイミングの帰路が寒かったという説も…)

というわけで月曜日は朝からふたりそろって内科に行きました。


心配していたYouは案外気持ちの切り替えが早く、事あるごとに「ここで思い出作りをいっぱいしておかないといけないね!」と言い、「あそこにもここにも行っておきたい!」とお気に入りの場所をピックアップしています。
新3年生のクラスもなかなか楽しいようで、X-dayを境に何かが変化した様子もなく機嫌よく学校に通っています。
また引越しが近づいて来たら気持ちの揺り戻しはあるかもしれませんが、ひとまずは難関を
なんとかクリアして、ホッ・・・。


というわけで・・・、パパJackieは一足先にゴールデンウィークに、私とYouは一学期を終えて夏休みに
横浜へと引っ越します。
また新たなるステージの始まりです!

お花見の季節が終わるまでは何にも考えず・・・と思っていましたが、
さぁて、いよいよ引越しに向けての本格的な断捨離に立ち向かわなくてはっ!(`・ω・´)
[PR]
by charmy-you | 2011-04-20 23:11

2011年 桜さくらサクラ・・・

4月に入ってからようやく咲き始めた今年の桜、

ずっと熱に浮かされたように追っかけをしていました。
(4月5日 故郷の図書館の桜。昔は中で本が読めた電車、老朽化が激しくて近々撤去の予定だそう。。)
e0125894_17484080.jpg


寝食を忘れて・・・。(それはウソ!)





(4月10日 滋賀県大津市長等公園。三橋節子美術館を訪れたのでした)
e0125894_17593348.jpg

ここまで来たら、と三井寺にも足をのばしたら・・・
e0125894_185317.jpg

急な思いつき行動だったため連絡をはばかった大津在住のMちゃんファミリー&明石のおばあちゃんに
バッタリ!!!!! 三井寺の素晴らしく趣深い桜を、図らずも一族で愛でる事が出来ました!

e0125894_18123227.jpg








比較的おうち好きの私も、桜の季節だけはじっとしていられない。
何はさておき、櫻花を愛でにふらふらと彷徨う。
(4月11日 夙川の桜。川沿いに行けども行けども続く桜。)
e0125894_18242499.jpg

水辺の桜。水面に映る姿もえもいわれぬ美しさ、夢見心地で上流まで歩く。
e0125894_18291966.jpg

数件、雑貨屋さんを冷やかしたりしながら、「さておひとりさまランチはいずこで・・・」と
思い巡らせている途中で、小学生の集団下校の群れと出くわす。

はて・・・、どこぞの私立かしら?? いや、どこから見ても公立っぽい。西宮市立の小学生だ。。
今日ってまだ給食始まってないの・・・??  うぎゃっ 
ということは、ウチの子の学校も??\(◎o◎)/!(←大ボケ!!!)
超特急で帰路に着く。滝汗・・・









一期一会。
(4月12日 宝塚大劇場につづく「花のみち」の桜。)
e0125894_20383326.jpg

e0125894_20393286.jpg

ソメイヨシノと枝垂桜の共演が見事!
3月の末に東京にお引越ししたお友達に写メしようとして、携帯忘れてきたことに気づきガックリ・・・

e0125894_20464273.jpg

桜の花びら絨毯・・・
e0125894_20514129.jpg


・ 





花咲くのはほんの短い期間だけ。
だけど確実に日本各地に春を届けてくれて、
また引き際美しく散っていく・・・。

(4月14日 王子動物園の桜。学校の創立記念日でお休みのYouと。)
e0125894_20584365.jpg

「桜の季節が素晴らしい」、「神戸の桜の名所」とは聞いていましたが、聞きしに勝る・・・!!!!! 
園内どこを見て回っても、桜さくらサクラ・・・!!!!!

e0125894_22185910.jpg

はらはらと桜吹雪の舞い散るなかお弁当をひろげ、
桜の花びらをまといながら寛ぐ動物たちを見学して回りました。

e0125894_22273511.jpg

e0125894_22322472.jpg

幼児の頃はここに連れてきても、動物見ないで遊園地にまっしぐらだったっけ・・・(なつかしい!!!)
園内の異人館「ハンター邸」からの観覧車。

e0125894_2236284.jpg

観覧車からのハンター邸・・・
e0125894_22383119.jpg

e0125894_22412925.jpg

e0125894_22452918.jpg


結局また閉園の音楽が鳴るまでいてしまいましたが、この方のエネルギーは全く衰えず・・・(苦笑)
e0125894_22531510.jpg

今年最後のお花見の〆が、Youと一緒にとても楽しい思い出深いものとなったことに感謝^^
(またしても?前夜になるまで学校の創立記念日休校のことには気づいておらず・・・お母さん、しっかり!)








それにしても、今年の桜には特に諸行無常を感じたことでした。


美しさに酔いしれる心と なんともいえない切なさが同居・・・。

毎年の感情だけれども、それも今年はとりわけ強いものがあります。
e0125894_22595681.jpg

[PR]
by charmy-you | 2011-04-15 23:19

ふるさと

西宮北口にある芸術文化センター前の広場にて、東日本大震災復興支援の野外コンサートが
催されたので、Youと行ってきました。



住吉小学校合唱部の子供たちの歌声が素晴らしかった!!!
最後は芸術文化センターの芸術監督・佐渡裕さんの指揮にて「ふるさと」を、
祈りをこめて会場の聴衆全員で合唱。
e0125894_22573517.jpg


改めて・・・音楽の力は素晴らしいですね。



歌いながら、陸前高田の美しい海岸風景を思い出していました。

今回、甚大な被害があった陸前高田市には、14年前、まだ独身時代にオーケストラの合宿で訪れたことがあります。

ピアノを習っていた音楽教室がオーケストラを持っていて、私はパーカッションで飛び入り参加させてもらったのですが、指揮に飯森範親さん、バイオリンに大谷康子さんを迎えての大変贅沢な合宿となり、最終日には陸前高田のホールでコンサートまでさせてもらいました。

合宿所は陸前高田の海のすぐ際に建っていて、練習の合間によく浜辺を散歩しました。
蟹のような大きな大きなヤドカリを生まれて初めて見て、興奮したものです。
私の慣れ親しんでいる瀬戸内の海とは違う、スケールの大きい男性的な太平洋に圧倒されながらも、
とても魅了されたのをよく覚えています。

ちょうど夏祭りの時期で、夜はみんなでお祭り会場に繰り出して勇壮な山車を見学し、
帰りには肩にとまってきたホタルに感動し・・・。

音楽と三陸の美しい自然が渾然となって、私の中に刻まれている陰影に富んだ夏の思い出の一頁。





春休みに帰った我がふるさとは、

まったく変わりなく
e0125894_23243566.jpg



鮮やかで 美しく
e0125894_23302149.jpg



ゆったりと 帰郷者を迎えてくれました。
e0125894_2327891.jpg




  
ふるさととは、何十年も変わらない姿で迎えてくれるもの・・・ 

いつのまにか当たり前のように享受していたことを、今回ばかりは心から感謝いたしました。




(母校の小学校)
e0125894_23481456.jpg






東北地方のふるさとの自然が、一日も早く恢復するイメージを描きながら、
自分に出来る形で支援をしていきたい、と強く思います。
[PR]
by charmy-you | 2011-04-10 00:26