Char's Cafe

少年の夏 その3 ~恐竜編~

北九州在住の女流作家、村田喜代子さんの愛犬ものエッセイ『尻尾のある星座』に
恐竜の博物館の話が出てきて、
「これは是非、Youを連れて行ってやりたい!」と思っていました。

「北九州市立 いのちのたび博物館」です。北九州市八幡にあり、スペースワールドと隣接しています。
実家の面々と一緒に新幹線に乗って出かけてきました。
e0125894_1954351.jpg

入ってずずいと進むと、いきなり圧巻!!!
e0125894_1954333.jpg

全長35メートル、世界最大級の恐竜セイスモサウルスや、翼竜プテラノドンの骨格標本の
お出迎え。度肝を抜く迫力です。
下に立つと、思わず口をポカンと開けて見上げてしまいます。
Youも、いつも図鑑やDVDでおなじみの恐竜たちが、原寸の骨格標本でたくさん展示
されていることに、大興奮!!!
「あっ、ティラノ! トリケラ!! サウロロフス!!!・・・」 叫ぶ叫ぶ。。
e0125894_1956376.jpg

さすが恐竜少年、骨格だけ見ても、マイナーな恐竜の名前まで正確に言い当てます。
熱心に展示物を観察。
e0125894_19565364.jpg


この博物館の売り物のひとつがエンバイラマ館で、村田喜代子さんも絶賛されていたので、
みんなでゾロゾロ、洞窟仕立ての通路に入っていきました。
洞窟の先には、1億2千万年前の白亜紀の北九州ワールドが広がっていて、
10分足らずのショーの主役は、皮膚感や動きがとてもよく出来た本物さながらの
恐竜ロボットたちです。
マメンチサウルス
e0125894_2014768.jpg

ワキノサトリュウ
e0125894_2024250.jpg

閉所が苦手なばぁばは、気の毒に、途中で気分が悪くなって退場してしまいましたが、
Youが「もういっぺん見る!」になったのは言うまでもありません・・・。

ここのミュージアム・ショップもなかなか面白いものがたくさんありました♪
e0125894_20142069.jpg

いくつかお土産を買って楽しんだので、続編でご紹介します。

**********************************

夏休みのチャーミーさんシリーズ
今回は、プールで遊ぶYouを見守るチャーミーということで・・・
e0125894_2017306.jpg

[PR]
by charmy-you | 2007-09-08 20:20
<< なぞの卵 トンボの名前わかりました! >>