Char's Cafe

なでて なでて~!!!

チャーミーは、無類の触られ好きな犬です。
私がパソコンなどに向かっていると、足元に来てオスワリします。
そうすると、小さめの中型犬であるチャーミーの場合、手の高さが頭を撫でたり、
首をもんでやったりするのにちょうどいいんです。

左手でもみもみ、なでなでしながら、右手でマウス操作したり、物を書いたり・・・。
こちらも、仕事に行き詰っているときは、チャーミーの柔らかさと体温がすごく慰めになったりするのですが、そのうち左手がおろそかになってくると・・・

ダランと垂れた左腕の内側に鼻先を回し入れ、押し上げ、器用に私の手が自分の頭の上に乗るように持ってくるんです。
面白いから、わざとまたナデナデモミモミを中断してみると・・・エンドレスに、本犬が満足するまで鼻先の技が続くんですねぇ!

一度、動画に撮っておきたいと思っているのですが、一人ではムリなので、なかなか難しいものがあります。チャーミーと私の楽しいコミュニケーションということで、左手の記憶にのみ残しておくというのも、またよしです。

*******************************

そんなチャーミーが2年位前から、よくこんなことをするようになりました。
e0125894_23321248.jpg

レースのカーテンに窓側からもぐりこんで、体や頭にカーテンを乗せるんです。

「いないいな~い・・・」
e0125894_2334038.jpg

「ばぁ!!!」
e0125894_23344486.jpg

なんて、小さかったYouと遊んでくれたりして・・・。

Youは、チャーミーのこの姿が好きで、「チャーミーちゃんがまたお嫁さんになっている!
かわいいね~!!」と言っていましたが、私としては、なんで急にレースのカーテンにもぐるのが好きになったのか、いぶかしく思いながらもしばらく謎でした。
はっきりしていたのは、決まって私がYouの世話をしたり食事の支度をしたり、忙しそうにしているときにする、ということでした。

しかし、あるとき、見てしまったのです。
チャーミーがカーテンにもぐって、しばらく頭に乗せておいた後、自分で少し動いてカーテンを背中にすべらせ、それをなんべんも繰り返して、恍惚とした表情を浮かべているのを。
風で、自然にカーテンがふわりと動いて背中をさすると、もっともっと気持ち良さそうな顔をするのを。

そのとき、一気に謎が解けた思いがしました。
チャーミーは撫でて欲しいとき、でもお姉ちゃん(←チャーミーは昔から私のことはそう呼んでいます)が忙しそうにしているとき、遠慮して甘えられなくて、カーテンに撫でてもらっていたのです!
ずうずうしいくらい甘えん坊のチャーミーと思われていますが、チャーミーって案外そういうところのある犬なんです。

カーテンもぐりをするようになってから、すでにかなりの時間が経っていました。
あんたそうだったの!・・・思わず用事をほっぽり出して抱きしめに駆け寄ったのは言うまでもありません。

以来、手が放せないときにチャーミーがカーテンもぐりをし始めると、
「誰か~! チャーちゃんが撫でてもらいたがってるよ~!」と叫ぶ私です。

***********************************

最後に・・・
うんと小さいときからチャーミーのマネをしていたYouの写真。
犬っぽいところがあるのは、そのせいかなぁ???
e0125894_0201234.jpg

[PR]
by charmy-you | 2007-09-14 00:32 | 家族
<< 少年の夏 その4 ~磯辺の観察編~ 化石発掘体験 >>