Char's Cafe

チャーミーちゃん闘病中

ご心配をおかけしているチャーミーですが、お蔭様で、少~しずつ薄紙を剥ぐように
回復しつつあります\(^o^)/
ほとんど食べられなかったところから、今日はだいぶんと食欲が出てきました。(数日前に比較すると・・・というレベルではありますが)
e0125894_21464124.jpg


重病を発症していることが分かってから、本当に長い長い6日間でした。
しかし、このチャーミーの一大事が分かってから、家族の団結がグッと深まった6日間でも
ありました。(尼崎の大きな病院で、パパに抱かれ輸血を待つチャー)
e0125894_21472331.jpg


まずYou・・・、チャーミーが命拾いしたのはYouのお陰と言っても過言ではないかも。
まだ16日の朝は、チャーミー前夜に下痢をしたとはいえ、普通に歩いて階段も下りることができて、
様子に特別異常は感じられなかったので、Youを幼稚園に送って行くときにこんな会話をしていたんです。

私:「今日はチャーミーちゃん病院どうしようかな。ママ自分の皮膚科にも行く日だしなぁ。
ちょっと様子みててもいいかなぁ~」
You:「いいや、ママ、今日ゼッタイにチャーミーちゃん、病院に行った方がいいよ。
ママの病院はあとまわし! いい? ボクが幼稚園に行っている間に、絶対に行くんだよ!!」
私:「そうだね、ママの方はもうだいぶんといいもんね。ゆうくんがそんなに言ってくれるなら
やっぱり様子見てないですぐ行ってこようかね!」
You:「自転車の前かごはダメだよ! ベビーカーで行ってね!!」
私:「は~い、そうする(歩いていくと時間かかるんだけどなぁ~、仕方ないね)」

Youの強い後押しがなければ、午前中は悠長に構えて経過観察していたことでしょう。一刻を争う事態になんの手立ても打てなかったかもしれない。。

そしてパパ。
チャーミーが自己免疫性溶血性貧血の疑い濃厚で、かなり重篤な状態らしい、と知らせたらその日は急いで帰ってきてくれて、突然のことに泣けて泣けてしょうがない私を慰め励まし、友人の開業獣医さんに電話でセカンドオピニオンを聞いてくれて、もう1度朝の先生の所に話を聞きにいってくれて・・・と大活躍。
とにかくチャーのためにできる限りのことをしてあげよう、できれば入院させないで、何より独りぼっちが嫌いなチャーのそばに最後までいてあげよう、もしものときはうちで看取ろうと、私の思いと同じことを
言ってくれて、また涙。。
翌日の輸血の時も、車を運転しない私が交通手段に困るからと、会社を半休とって尼崎まで車で連れて行ってくれて一緒に心配な時を共有してくれて。。本当に心強いことこの上ない存在でした。
そして、私でさえちょっとクラクラしてしまうような治療費にもお礼を言うと、
「あたりまえやんか、な~、チャーミー♪」と言ってくれて、「今後の支払いもこれですればいいから」と
自分のカードを渡してくれ・・・。
チャーミーは、実はパパと出会うずっと前から私が飼っていた言わば「連れ子」で、長い間、心理的に負い目みたいなものがあったのですが、いつの間にかパパにとってもチャーミーは大事な家族になっていたんですね!
ここだけの話(?)、普段の生活で、彼の言動とかファッションセンスとか、ドン引きしてしまうことも多かったのですが、彼のよさはそういうところにはないというか、平時にはあまり表れないというか、なにか「すわいち大事!」というときに逃げないで実に頼りがいがあるということで、チャーミーのお陰で
再度彼のよさに気づくことができた次第です。(そんなことをブログで宣言するのもなにですが・・・)

輸血後、毎日朝夕2回、病院に通ってステロイド注射を打つことになりました。
ウチは実はパパが獣医師の免許を持っているので、先生にも話し、夜の注射は自宅ですることになり、ずいぶん私の負担も軽くなって助かっています。
e0125894_18223521.jpg


血球容積(PCV)は輸血後11%から19%に上がりましたが、まだまだ極度の貧血状態にあることに変わりはありません。(基準値は37~55)
赤血球数も1.21だったのが輸血後2.47と少しだけ上がったものの、また毎日少しずつ減って今日の値は1.76(基準値5.5~8.5)。
フラフラで全く立てず、ついには横になったまま失禁してしまった16日の夜よりは、様子はずっとよくなっているのですが、危機的状況は全く脱していない状況。

でも、食欲もちょっぴりだけど出てきて、トイレは見事なまでに自力で行き、パパが会社から帰ってきたらずっと横になっていたのにムックリと起き上がって玄関までお迎えに行き・・・と明らかにチャーミーに生きる気力は出てきています。

今日もまた少し泣いてしまっていたら、Youが
「チャーミーちゃんは今日も死まないよ。明日も死まない!」と言いました。(Youは何故か昔から「死ぬ」を「死む」と発音します)
そうだね、You。1日1日だよね。

あとどれくらい一緒に過ごせるか分かりませんが、1日1日を大切に、チャーミーに居心地のいい空間と、少しでも美味しく食べられる食事を作ってあげて、出来うる限りそばにいてあげようと思っています。気を強く持ってがんばります!!!
[PR]
by charmy-you | 2008-09-21 19:51 | 家族
<< チャーちゃんが~♪ ほりほり!! チャーちゃんの不調・・・ &写真展 >>