人気ブログランキング |

Char's Cafe

<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ハロウィン仮装行列

長のご無沙汰をいたしておりました。
あれから・・・お蔭さまでみな元気だったのですが、何しろこの時期、園の行事やら来年の入学の
準備やらでなんだかんだと忙しく、日暮れとともに電池切れする毎日を送っていました。
今の私にとっては、体は疲れるものの、これもありがたい話で、Youの園生活のお蔭で、ずいぶん気が紛れています♪

さて、そんなわけで・・・ネタは溜まりに溜まっているのですが、
運動会も、六甲山親子遠足もちょっと順序を飛ばさせてもらって…
ハロウィンです!

毎年、子供達は学年に合わせた仮装を楽しんできましたが、今年のテーマは
ピーターパン
ピーター、ティンカーベル、ウェンディ、フック船長から好きなキャラクターを選んで、小物は自分たちで
手作りし、役になりきります。手にはカボチャバスケット。ここにお菓子が溜まっていくのが彼ら彼女らの楽しみ! 喜び!!

園から10分くらいの道のりを、会場のお宅まで仮装して練り歩きます。
e0125894_16205344.jpg


到着しました~~!!! 一部お母さんたちも仮装して待機♪ 盛り上げてくれます~~♪♪
e0125894_16351341.jpg

40人の子供たち+かなりの割合で参加した見学の母たち…
ご近所のみなさま、おさわがせして申し訳ありませ~ん。ハロウィンでございます。お見逃しを~~♪
お宅で子供たちはお菓子をいただき、ジュースをふるまっていただくことに・・・。
お邪魔しま~~す! 2人の担任の先生は、かわいいティンカーベルと・・・
e0125894_16493886.jpg

カッコいいフック船長に。(一部修正あり)
e0125894_16571750.jpg


おうちの中にはフック船長の手下の海賊ども(母の会の皆さま♪)も待機していて・・・
年長さんたちでは誰も本気で怖がってくれないので、弟妹として連れてきている小さい子を泣かせて
日ごろの憂さを晴らしていた 脅しの練習をしていたそうで・・・。

子ども達に、「全然怖くないし~!!!」 と言われるたびに
「だれやだれやっ そんなんゆーとんのはっ!!!」と銃を乱射する海賊氏! 周りの証言によると、銃を持たせた途端、人格変わったそうです。 あぁ、なんて芸達者! 
もう可笑しくておかしくて、お腹の皮がよじれました!!!(ご本人の諾は受けてませんが・・・
載せていいんかな? 私も撃たれる??)
e0125894_1715170.jpg


私は実はハロウィン仮装行列見学は今年初めてだったのですが、最高に楽しくて、
40人分もの衣装を作ってくださった先生、会場を引き受けてくださったお母さん、仮装で盛り上げてくださったお母さん方、本当にありがとうございました!!!

そうそう、Youはピーターパンを選んでいました。
e0125894_1727539.jpg

最近わりと体型がひょろ長いのと、髪型が似ているのとで、確かにピーターでした!

そして、帰りには仮装のままご近所のお菓子屋さんを訪れて・・・
e0125894_17395296.jpg

去年からの恒例・・・
カボチャバスケットの中身がまた増えて、You、ご満悦。
e0125894_17462040.jpg


「あ~あ! チャーちゃんいたら、それなんですか、なんですか?? アタシにもちょーだい、ちょーだい!!!って言って、分けてあげて、楽しかったのにねーーー!!!」
と、ちょうど私が思っていたことと全く同じことを残念そうに言ったYouでした・・・。

本当に…!!!
by charmy-you | 2008-10-31 17:48

1週間が経ちました




チャーちゃんが亡くなってから今日でちょうど1週間…
なんだかいろんなことがいっぺんにありすぎて、すごく長かったような、もっとずっと前の出来事
だったような気がしています。

「チャーちゃんがいなくなってしまったら、自分はどうなってしまうんだろう・・・」 
チャーミー子犬時代から(!)ずっとずっと畏れていました。(私は仮面オプティミストでした)
「しばらくダメになるから!」 と公言してはばからなかった私ですが、今のところ、予想に反して案外
元気に普通の生活を営めています。
何をしていても何を見ても泣けて泣けてしょうがない・・・という状態は、むしろ発病がわかって闘病生活を始めた最初の1週間の方がピークでした。
それからはもう客観情勢から見て長くはない(耐えがたい事実だけれど)と少しずつ覚悟ができていって、チャーちゃんの心と体が少しでも安らげるようなターミナルケアに専心する日々で、その過程が
同時に私の心のケアにも結果的になっていたようでした。
チャーちゃんがあの時、発病してすぐに逝ってしまっていたら・・・。想像しただけでも苦しい。
チャーちゃんが与えてくれた最期の17日間に本当に感謝しています。
ふたりの忘れられない蜜月となりました。

**************************************

亡くなった晩は、元気だったころにしていたようにYouの部屋で一緒に寝て、翌日お葬式をしました。
夜に亡くなったので、私としてはまだまだ別れがたく、きっと私ひとりだったらチャーちゃんの遺骸がとけてしまうまでいつまでもいつまでも撫でさすっていた気がしますが、
パパに「無理にとは言わないけど、チャーちゃん、どんどん変わっていってしまうよ」と言われ、自分でも一晩明けて朝にようやくその気になったという経緯があります。
翌日の午前中はお世話になった動物病院の先生にご報告に行って動物霊園を紹介していただいたり、棺代わりになるものやお花を用意するのにパパと奔走しました。
(こういうときも、ばぁばがいてくれたので既に風邪気味だったYouを連れまわさないで済み、どれだけ助かったことか。最期の1週間、安心して私がチャーミーにつきっきりになれたのも、ばぁばの絶大なる支えがあってのことでした。この年になってもまだ親にしてもらうことばかりの私です。。)

棺の中には、チャーちゃんがさみしくないように、大好きだったあみぐるみのバートを。Youは大事な
ひよこのピーちゃんを入れてくれました。天国に迷わず辿り着けるように、闘病中にいただいていた
「ワンちゃんお守り」も枕元に置き、道中お腹がすいたら食べられるようにとドーナツも!
e0125894_22145380.jpg

このドーナツに関しては、可笑しい話があって、最後、何か棺から出さないといけないものがあるのではと係の人に聞いたとき(ガラス以外は何でも大丈夫ということでした)、
Youが「ドーナツはダメなんじゃないの? ダメだよね? ドーナツはダメだと思う!」とすごい未練を見せ(実はこのドーナツはまさかチャーちゃんが亡くなるとは思わずにYouのおやつとして一緒に買いに行ったものだったので)、こんなときなのに可笑しくて泣き笑いになってしまったのでした。

もう夕方でしたので、宝塚のお山の上の霊園の空は、チャーちゃんの毛のような雲がたなびき・・・
e0125894_22491939.jpg

すっかり全てが終わった時には美しい夜景が広がっていました。
e0125894_2251216.jpg


偶然、家から近くだったのでこの霊園にさせていただきましたが、とても手厚く葬儀を行ってもらえて、霊園からの眺望も素晴らしく、悲しみが和らぐ思いでした。あの介助犬シンシアも亡くなったときこちらで…と後で知りました。

**************************************

e0125894_22575413.jpg

チャーちゃんがこのようになってしまったことは、私にとって本当に表現のしようのないような悲しいことでしたが、その代わりとして信じられないくらいの人の温かさ、やさしさ、連帯感、サポートというものを与えていただきました。
チャーミーの命に関する奇跡は起きませんでしたが、このことこそが、私にとっては奇跡のような貴重な体験でした。
さまざまな形でチャーちゃんと私達を励ましてくださったみなさまに、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。今、なんとか踏みとどまった生活ができているのも、孤独な心細い看護にならなかったことに拠る
ところがどれだけ大きいことでしょうか。本当に、ほんとうにありがとうございました。

e0125894_22585176.jpg

昔、じいじの絵画教室の生徒だったころに描いた絵が出てきました。
時々、自分の持って行った写真を見ながら絵を描いてみるという時間がありました。
本当の写真は、背後に私も入っているのですが省いて描いたものです。
なんだか、また写真とは違ったなんともいえない懐かしさがありました。

Youはあれから毎日、寝つく前に「チャーちゃんのお話をしてして!」とせがみます。
できるだけ楽しい可笑しいチャーちゃんの思い出をお話仕立てにして聞かせます。
ケタケタ笑うYouの反応を楽しみながら、話している私も心がなごんでくるのに気がつきます。

これから、暇を見つけては、チャーちゃんの絵を描いたり、思い出の文章を書いたりして自分を慰めて行こうかなと思っています。両方とも下手ですが・・・。

Char's Cafe、代わりのいない貴重なメンバーを失ってしまいましたが、これからも続けさせていただくつもりでいます。
またよろしければ、これからも遊びに来ていただけると、こんなに嬉しいことはございません。

長い長い1週間後のご報告となってしまいましたが・・・
最後まで読んでくださってありがとうございました。
by charmy-you | 2008-10-09 23:58

たんぽぽの綿毛 とんでいっちゃった・・・

たくさんのみなさんに応援していただいていたチャーちゃんが、7時間ほど前に亡くなりました。
You、パパ、ばぁばという チャーちゃんの愛してやまなかったみんなに囲まれて、いっぱい声をかけてもらいながら、私の腕の中で息を引き取りました。

夜空にひときわ輝くひとつの星を ばぁばが見つけてYouに教えてくれました。
e0125894_2184820.jpg

チャーちゃん星だとYouが言いました。

チャーちゃん、
伝えたいことがいっぱいありすぎて、今はうまく言葉にならないけど、

1997年4月8日に出会ってから今日まで、本当にいろいろとありがとう!
チャーちゃんは全く、お姉ちゃんの生き方の指南役として、この世に遣わされた存在だったね。

まだまださ、お姉ちゃんにいっぱい気づきを与えてくれないと全然ダメなんだけどさ、
チャーちゃんの教育プログラム、もう終わっちゃったんだね。

明日からチャーちゃんなしでどうやってやっていけばいいんだろうと思うけど、
お姉ちゃんもチャーちゃんと出会った頃よりは、少し強くなれました。

今度の日曜日はYouの運動会。
幼稚園の先生にも「Youくん、すっごく頑張ってますよ~!」といつも励ましていただいていました。
Youも、「ママに見せてあげたいなぁ! 組体操と・・・あのダンスが面白いんだよ!!」なんて目をキラキラさせて言っていて、Youの幼稚園最後の運動会はずっとずっと楽しみにしていて何をさておいても見に行きたいが、チャーちゃんのそばも一瞬も離れられない・・・
心の中でYouに本当にゴメン!と謝りながら、運動会を観に行くことは諦めていました。

チャーちゃん、このタイミング、だいじなYouをがっかりさせないために選んだの?
お姉ちゃんにも、安心して行ってきてよ・・・っていうつもりだった?

You6歳3ヶ月。チャーミー11歳9ヶ月。
e0125894_2574719.jpg

You、とてもお兄ちゃんになり、とても情け深い子に育っているよ。
みんなチャーちゃんのおかげ。
本当にありがとう!!!
これからもずっと、Youの成長を見守っていてね。

(写真は亡くなる1週間前のもの。なにも食べられなくなったチャーちゃんのためにYouと作ったダヤンのねずみパンを前にして)


そして、突然の発病から17日間、チャーちゃんと私たち家族に温かい声援を送り続けてくださった
みなさまに、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。後半はパソコンを開くことも少なくなっていましたが、みなさんが毎日心配して祈るような気持ちでいてくださっているのが伝わってきて、心を強く持ってチャーミーに精一杯の看病をしてあげることができました。
本当にありがとうございました。少し落ち着いたら、ブログに遊びに行かせてください。

またチャーちゃんのお陰で、心強いお友達をたくさん作ることができました。。 
チャーちゃん、チャーちゃん、チャーちゃん、ありがとう!!!!! また会おう!
by charmy-you | 2008-10-03 03:27